Hi there wave

Can be Info, links, about…

A look-back 2020

2019年年末のふりかえりです。 2019年ふりかえり 来年も楽しむ気持ちを忘れずに、少しずつ自身のキャリアや方向性などを 考えていくような内省を意識した一年にしたいです。 確かに2019年は「楽しむ」をテーマに生きていた気がします。 2020年は、外より内に目を向けることが多かった一年になった(かな?)と思います。 以下、2020年のふりかえりです。 ■ 技術系イベント 今年は様々なオンラインイベントに参加しました! 住む場所を問わず交流ができるのがオンラインの良さだと感じました。 オンラインでのLTやハッカソンの経験が印象的でした。 PythonでWebアプリを作ろう(女性対象/男女コーチ◎) 2020.01 DjangoGirlsの活動にスタッフとして参加しました。 今年は物理イベントでの開催が難しく、参加したのは年明けの一度のみでしたが 女性向けの開発コミュニティには今後も関わっていきたいと思います。 自作OSもくもく会 サイボウズの日本橋オフィスが会場でした。 コンピューターについての理解を深める目的で簡易的なOS自作に挑戦しました。 初心者向けDocker/Kubernetesハンズオン(女性限定) こちらも会場がサイボウズで、サイボウズ社員の方が主催するイベントでした。 当時はサイボウズについて詳しくなかったのですが、丁寧に作り込まれた資料と 中心となる解説者も周囲のサポートも自然で、居心地の良さを感じたのが印象的でした。 Ansiblejpディベロッパー部 2020.02 参加したかったのですが、人気で抽選になるかと思い 上司に「抽選に協力してください。わたしが当たったらわたしが参加します。 もし上司が当たってもわたしに参加させてください」と、ジャイアン理論で話を進めていたら 先着順だったのでジャイアンせずに参加できました🙌 親睦会に参加して、登壇者の方々とTwitterでも繋がり 今でも謎の仲間意識をもっています。(わたしだけ?) JAWS-UG 初心者支部#23 次回のハンズオン勉強会向けのチューター向け予習会 LambdaとAWSのAI Servicesと連携させて 文字起こし & 翻訳パイプラインを作ってみるハンズオンに参加しました。 今まで参加したハンズオンの中で一番楽しかったです。 レベル感的にも合っていたのかも。 Kubernetes Novice Tokyo #3 何かしらのオンラインイベントで登壇を経験しておきたい! と思い、こちらの初心者向けLT枠で参加しました。→スライド資料 参加者の方たちとTwitterで繋がり、オンラインイベントでは名刺交換がない代わりに SNSなどで繋がることが増えた印象でした。 むしろそちらの方が個人的には有り難いです。 RasPiハンズオン Raspberry Piのオンラインハンズオンに参加しました。 上海からの参加者や、セキュリティ関連の元研究職の女性参加者の話が面白かったです。 社内ハッカソン 人生初ハッカソンです。 shell scriptやPythonで、mecabを使った形態素解析&整形を担当しました。 チーム外の人とコミュニケーションをとるキッカケになって良かったです。 ■ 技術Blog PostgreSQLの設定内容 〜PGTuneを使ってみて〜 MySQLと違い、PostgreSQLは初期設定のままでまともに動かないということを学びました。 最初に知っていればあれほどサービス運用に苦労しなかったかもしれない。。 Slack見落とし撲滅作戦 Python + Selenium...

Winter

冬眠の時期なので冬眠しています。 夜9時半に就寝して朝8時半に起床するようになったら いい感じに日中眠くならないので良かったです。 クリスマスのために花とケーキを用意しました。 お正月のためにお餅を買いました。 いつも年の暮れは体調を崩すので、今年はまだ余裕があって有り難いです。 冬はしっかり充電することを目標に また2月を過ぎた頃から頑張りたいと思います。 春が待ち遠しいです。...

Customize_spacemacs_font_settings

今日は spacemacs の整備をしたよ。 お仕事のタスク管理と日報管理をエディタでやりたいなと思って Org-mode を検討したけれど、そこまで高機能でなくても良いし 優先度によっての色分けや、日報へのコピペがしやすい形式を考えて spacemacs の markdown-mode をカスタマイズすることにしました。 Markdown の設定 M-x customize-face markdown- ↑タブを押す markdown-header-face-1 を選択 設定画面が開くので Show All Attributes を押す。 foreground: 文字色 background: 背景色 それぞれ設定して、.spacemacs/init.el を開きます。 最後にこういった設定が追加されていると思うので、それらを user-config の中に移動します。 あとは、他のものもこの形式どおりに書いていけば編集できます。 (custom-set-faces ;; custom-set-faces was added by Custom. ;; If you edit it by hand, you could mess it up, so be careful. ;; Your init file should contain only one such instance. ;; If there is more than one, they won't work right....

Work_from_home

今回は在宅ワーク Advent Calendar 2020 - Adventarへ参加させて頂きました。 8日目の記事です。 環境の変化に戸惑い適応していった過程を、思い出しながら書きたいと思います。 はじめてのリモートワーク 今年の3月頃からリモートワーク中心の生活になり 現在、出社はほぼゼロです。 初めてリモートで働いた日のことは今でも良く覚えています。 ソファに座って、いつもオフィスでしているように作業を始めようとするも 目の前の洗濯物が気になり、数分後には洗濯物を片付けていました。 その後もなかなか集中できずに 情けなく悔しくて、メソメソと泣いたのを覚えています。 なぜ泣くほどに悔しかったのか? もともと移動時間やカフェなどで勉強することや 勉強会へ参加して技術のキャッチアップをすることが苦ではないタイプでした。 気分が向かなくても、開始してしまえば集中できること 習慣にしてしまえば、歯磨き同様「やらないと気持ち悪い」という気持ちになること それらのことを経験上知っていたため わたしは自律することが得意である という自負があったからでした。 しかし、これは相当な勘違いだったみたいです。。 リモートワークが始まってすぐに わたし自身、かなり自己管理が苦手な人間だということが分かりました。 様々な試行錯誤、他のリモートワーカーとの情報交換で得た 自己管理や自律が苦手な人間がどうしても集中したいときに使えるワザを、下記にまとめてみました。 自己管理が苦手なひとのためのリモートワーク Tips なかなか集中できないときの解決方法を書きます。 1. 擬似的に自分を追い込む 毎日が締切日です 毎日ではなくても、架空の締切日を自分のなかでつくって スケジュールなどに記載しておくと集中できます。 「ソファではなくデスクの方が集中できますよ」 という情報を色々なところで見ましたが、今までの傾向で 時間が極端になくて締め切り当日というような極限状態であれば パジャマだろうがソファでの作業だろうが集中できる ということが明らかになりました。 ソファだから視界に映るものが気になって気が散るのではなく そもそもの逼迫感が足りていないのではないか?ということです。 (ただ、腰を悪くするので基本はデスクでの作業が良いと思います。) 2. 場所を変える わたしの中で、集中できる外の作業場所は ベランダ 神社のベンチ です。 どの場所も、本来であれば作業に適さない場所です。 ベランダ ベランダでの作業は、単純に気分転換です。 自宅での作業に煮詰まっても、無料で簡単に環境を変えることができます。 神社のベンチ 上記で作業するときのポイントは 緊急対応しているフリで15分だけ作業する です。 「た、たまたま来たタイミングで緊急事態が発生してしまったんだからね!!」 「神社だけどノートPCを開いて対応しなければいけない><」 このような演技をして、猛スピードで作業します。...

Health

先週の診察にて 症状から見て喘息らしいということで吸入器が処方され、息苦しさと夜間の咳は止まった。 血液検査の結果から心不全も疑われるけれど、一旦喘息の薬を追加で出して症状が改善するか様子を見ることになった。 それまで深夜の咳に悩まされていたけれど、新しく追加された薬を飲むようになって胃の不快感と吐き気で眠れなくなった。 喘息の薬(錠剤)の副作用で、悪心や食欲不振で数日のあいだ起き上がれなかった。 吐くのにトイレに行けないから枕元で吐くしかないし、何かを読んだり身体を起こしたりする事もできず退屈だった。 日中も夜もあまり眠れずに慢性的な睡眠不足になった。 先生曰く、小学生で副作用が出ることはあれど 大人で副作用が出るのは「かなり珍しい」とのこと。 40年前は、子どもでもこの薬を飲むしかなかったという話を聞いた。 その時代の喘息の子どもたちが本当に気の毒で辛くなった。 ほんの数日間だけでも、昭和初期に喘息だった子どもたちの辛さを疑似体験するという ある意味、レアで貴重な経験だったかもしれない。 なにより怖かったのが、検査結果から疑われていた心不全の症状と 薬の副作用で現れる症状が似ていて まだ診断が確定していない状態だったのもあって 「心不全だったら余命数年レベルで重症になってしまう・・薬の副作用であってほしい」 と、吐きながら不安になるのは結構メンタルにきました。 お薬の服用を止めたら、少しずつ回復してきたので良かったです。...